◇慶應通信卒業◇2017年3月10日
◇慶應通信卒業式◇ 2017年3月23日
◇カレンダー(月別)◇
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
◇カテゴリ◇
◇全記事表示リンク◇

全ての記事を表示する

◇ブログ内検索◇

E-スクーリングの結果がkccチャンネルに出ていますね!

昨日、Eスクの結果は郵送で届くことを冊子で確認したばかりだった
ので、郵便物よりも先に結果が反映されることはないだろうと思いつつ、
今ほどkccをのぞいてみたら、何とEスクの成績が反映されていました!

無事2科目とも合格していて、ほっとひと安心です!
先生、ありがとうございました (*^_^*)

1ヶ月に4本のレポを作成しなくてはいけなかった時には、非常に
しんどかったですが、終わってみると大変だったことも良い思い出
です。

私は亀の歩みで、ゆ~っくり学んでいますが、1月科目試験で3科目
7単位、7月の試験で4科目8単位を修得することができ、ようやく
単位修得数が二けたになりました♪

今回の試験の振り返りについては、種々のレポの目途がついたら、
おいおい、こちらにアップしていこうと思っています。

7月科目試験結果が出ましたね!

7月の試験結果がそろそろ出る頃かなぁ?と思い、kccにログイン
したところ、成績が反映されていました。

今回私は英語Ⅲ、地理学Ⅱ、ES国際政治論、ES教育学特殊を
受験し、答案用紙を埋めた感触から、多分Dはないだろうな…と
思っていました。

が、英語Ⅲ、地理学Ⅱは手ごたえに比例する結果が反映されて
いて、無事単位修得の確認ができたのですが、ES2科目の
評価がどこにも載っておらず、一番合格していて欲しい2科目を
落としてしまったのか!と思い込み、奈落の底に突き落とされた
ような気分になりました。

と同時に
「メカ音痴の私がネット利用で受講したから、何か操作を誤って、
大切なことを見落とし失格になったのかもしれない…(;_;)
もうESなんて、二度と受けるもんかぁ~~~!!」

「穏やかで優しそうな顔した、なかなか甘いマスクのM先生、
年齢不詳の容姿・巧みな話術で楽しい授業を展開してくださった
H先生、2回のレポを期限内に提出し、全て講義を視聴し、試験は
表面も裏面もびっしり埋めたのに、「D」って、ありですかねぇ?」

などという勝手な妄想がわき上がり、

いじけてやるぅ~~~~~!な思いがMAXになりました。

で、少し頭を冷やした後でメディア授業に関する冊子を引っ張り出し、
成績通知に関する記載をよ~く確認したところ、

7月の通常の科目試験結果とは別に、9月上旬までに、成績を
郵送で通知します

と書いてあるではありませんか!!

いやぁ、まだ、封書の中身を確認したわけではなく、もしかしたら
本当にDかもしれませんが…^^;
私の大いなる勘違いと、一生懸命講義をしてくださった先生方に
対して、一瞬と言えども早合点して失礼なことを思ってしまった
自分自身を情けなく思い、朝からどっと疲れてしまいましたワ…

はてさて、後ほど、どのような結果が封書で届くのやら…ヽ(~~~ )ノ

疲れたぁ~~~ (; ̄_ ̄)


Eスクの課題、ようやくすべて提出完了しました~(*^^*) 

今年は半分休学のような状態で、5月の連休明けまでは
しばらく勉強から遠ざかっていたので、そのしわ寄せが
一気にやってきてしまい、この1か月間は、Eスクの視聴と
課題4本の提出におわれて、大変でした(lll ̄□ ̄)

1週間に1本の割合で課題提出って、私の許容範囲を
思いっきり超えていたんですが…^^; 

慶應通信って、もう若くない人間に対しても、容赦なく
ハードなことを強いるのね…( ̄。 ̄)

普段使わない脳みそをフルに回転させたので、もう
余力はないのですが、どうしたらいいでしょうか?(・-・)

などとブツブツぼやいてみても、7月の試験は免除され
ないので、少し頭を休めてから、今度は試験勉強にとり
かかるとしましょうか… ふぅ~~!

◇ワンコ時計◇
◇リンク◇
◇プロフィール◇

ひなわんこ

Author:ひなわんこ
私の名前は「ひな 」 柴犬女の子
6歳です

海あり山ありの自然豊かな中部
地方でのんびり暮らしています

アウトドア好きの我が家のお気楽
ママが勝手に私の名前を使って
ブログを書き始めました

慶應通信とやらに挑戦している
みたいだけど本気なのかねぇ?

名前を勝手に使うのなら 途中で
投げ出さずに最後までやり抜いて
ちゃんと卒業してもらいたいものだ
ワン♪  U・x・U

◇メールフォーム◇

名前:
メール:
件名:
本文: