◇慶應通信卒業◇2017年3月10日
◇慶應通信卒業式◇ 2017年3月23日
◇カレンダー(月別)◇
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
◇カテゴリ◇
◇全記事表示リンク◇

全ての記事を表示する

◇ブログ内検索◇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとだけ顔出し^^;

しばらく記事を書かないつもりでしたが、今日は何となく
書いてみたい気分なので、思うことを少しだけ…

例えば、子供が二人いて、一人はしっかりしていて
放っておいても何でもできる子。
もう一人は、親が少し目をかけてあげないと、自分
一人では、上手くできない子。

こういう二人の子どもを持った場合、親は、どちらの子どもに
目が行くでしょう?

大抵、できる子よりも、できない子の方に目がいって、何とか
その子を励ましてあげたいと思うのが普通ではないでしょうか。

だからと言って、目をかけないしっかりしている子が可愛くない
わけではなく、親にとっては、子どもは二人とも平等に可愛くて
大切な宝物。
だから、しっかりしていて、あまり目をかけてあげられない子には、
心の中で、「ちゃんと、あなたも頑張っていることをわかっているよ。
でも、あなたの方にまで手が回らなくてごめんね」と謝っている親が
ほとんどだと思います。

子育てに例えましたが、一般的に、人は弱っている人を見たら、手を
差し伸べて助けてあげたいと思うものだと思います。
震災など、大きな災害に遭った地域の方々を見たら、黙ってはいられ
ないように…
それが、一般的な人の心理だと思います。

だから、目を向けないからといって、人がその人たちのことを軽視
したり侮蔑したりするなどということには、繋がらないと思います。
(というか、皆、自分自身がかかえていることに精一杯で、あらゆる
立場の人に目を向けることなど、不可能なことだと思います。)

黙っていても、何も言わなくても、頑張って努力している人のことは、
みんな、ちゃんとわかっています。


今日の言葉
 「独立自尊」  他人に頼らず自分の尊さを守ること (福沢諭吉)


追伸
いろいろなことがあって、最近は少しお疲れモードでしたが、心も
身体も、今のところ何の病名もついておりませんので、ご心配なく!

◇ワンコ時計◇
◇リンク◇
◇プロフィール◇

ひなわんこ

Author:ひなわんこ
私の名前は「ひな 」 柴犬女の子
です

海あり山ありの自然豊かな中部
地方でのんびり暮らしています

アウトドア好きの我が家のお気楽
ママが勝手に私の名前を使って
ブログを書き始めました

慶應通信とやらに挑戦している
みたいだけど本気なのかねぇ?

名前を勝手に使うのなら 途中で
投げ出さずに最後までやり抜いて
ちゃんと卒業してもらいたいものだ
ワン♪  U・x・U

◇メールフォーム◇

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。