◇慶應通信卒業◇2017年3月10日
◇慶應通信卒業式◇ 2017年3月23日
◇カレンダー(月別)◇
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
◇カテゴリ◇
◇全記事表示リンク◇

全ての記事を表示する

◇ブログ内検索◇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【卒論】振り返り④

今日は卒業論文指導(初回)について。

私の指導教員はSFC(湘南藤沢キャンパス)の教授です。
なので、初めはSFCの先生の研究室で指導が行われる予定で
案内をいただいていましたが、途中で場所が変更になり、日吉
キャンパス来往舎1Fで初回の指導を受けることになりました。

当日は、指導が開始する10分ほど前に受付窓口に行き名前を
伝えたところ、私の名前はなぜか受付名簿に記載されておらず
見当たらないと言われたので「マジですか?」と思いつつ、大学
から郵送され受け取っていた論文指導書類を受付の方に見せて
説明し、先生がいらっしゃるのを待つことにしました。

もしも何らかのミスで先生に連絡がいっていなかったら、今日の
指導はどうなるのだろう?という不安は若干ありましたが、先生が
どこからともなく颯爽と現れて私に声をかけてくださったので、
事なきを得て良かったです。ε-(´∀`*)

で、その後面談室で1時間、個別指導を受けました。

初回の指導でしたので、卒論執筆は0文字。
私が指導日までにやったことは、テーマに関連する本を15冊ほど
読んだことと、前日にレジュメ(A4 1枚)を作成したことぐらいでした。
レジュメの内容は、自身が考えていた論文の構成(章立て)を簡単に
記しただけの、実にあっさりしたものでした。^^;

多少雑談を交えながら、真面目に卒論の話もし、私が考えている
論文の構想について話をさせていただき、先生からは今後読んで
おいた方がよい本や、次回指導日までの宿題などを伝えられました。

先生は、私の卒論テーマに関することがご専門で、大学の仕事以外
でも、国の○○省の仕事を兼務されており、さらに、全国で様々な
活動を行っていらっしゃるなど、聞いてビックリの超過密スケジュール!
そんな中、文学部の私の論文指導を引き受けてくださったことは本当に
有難いことで、引き受けてくださった恩に報いるためにも、どんなに大変
でも先生の指導についていこう!とその時決意したのでした。

先生から伝えられたことで心に残っている言葉
・通信生と通学生を区別せずに、通学生と同じ方針で指導を行う。
・SFCの教育方針は、他人に進むべき方向や答えを求めるのではなく、
問題意識をもって自分からどんどんフィールドにとびこみ、どうしたら
いいのかを自分の頭で考えながら問題解決の方法を模索するのが特長。
だから、その方針で指導する。

私は通学生ではないので、仲間とともに研究をすることができず、何もかも
一人でやっていかなくてはいけなかったため、「ワー、大変だー!!」と思いま
したが、SFCの教育方針そのものは、私自身が常々考えていることと近い
ものがあり共感できたので、何年かかるかわからないけれど、とにかくやる
しかない!と思い、来往舎を後にしました。

(参考)過去の記事
http://hinawanko0828.blog.fc2.com/blog-date-20151029.html

◇ワンコ時計◇
◇リンク◇
◇プロフィール◇

ひなわんこ

Author:ひなわんこ
私の名前は「ひな 」 柴犬女の子
です

海あり山ありの自然豊かな中部
地方でのんびり暮らしています

アウトドア好きの我が家のお気楽
ママが勝手に私の名前を使って
ブログを書き始めました

慶應通信とやらに挑戦している
みたいだけど本気なのかねぇ?

名前を勝手に使うのなら 途中で
投げ出さずに最後までやり抜いて
ちゃんと卒業してもらいたいものだ
ワン♪  U・x・U

◇メールフォーム◇

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。